私も貴方を裁きません

 現代のベートーベンやら、割烹着の科学者やら、世を欺いたとされる方々の報道が、連日続いています。
 どうやら前者は、化けの皮が剥がれた感じです。
 詳細は判りませんが、後者の背後には見えざる大きな力が働いている様に感じます。

 東京五輪招致の立役者であった前都知事は、5000万円の融資を受けた責任を問われ、辞任した上に起訴されました。
 某政党党首は、某社長から借り入れた資金8億円を巡って、政治家生命存亡の危機を迎えています。
 
 当然のことながら、悪いことをした人は、しっかりと裁かれるべきです。
 逃げ得や、ごね得がまかり通ったのではいけません。
 
 それにしても、昨今のマスコミの報道姿勢や、SNSでの俄か評論家の糾弾姿勢は如何なものでしょう。
 これまでの生き方や功績なども含め、人格そのものを全否定するかの様な審判は行き過ぎだと思うのです。
 一言申し上げたい。
 貴方は、それほどまでに完全無欠なのですかと。

 過去何度かご紹介している、ヨハネ福音書 第八章「姦淫の女」です。

【 律法学者やパリサイ人達は、一人の女を引っ張り出し、中央に立たせる。

 「この女は姦淫の場で捕えられました。
 モーゼは律法の中で、姦淫の罪人は石で打ち殺せと命じています。
 先生(イエス)あなたはどう思いますか?」

 彼らは、イエスの判断を仰ぐことで、訴追する口実を得ようとしたのである。
 イエスは、その問いかけが聞こえないかの様な素振りで、身を屈め指で地面に何かを書いていた。
 彼らが何度も問い続けると、やっとのことでイエスは身を起こし、言葉を発する。

 「あなた方の過去を振り返り、一切罪のない者から、この女に石を投げつけるが良い」

 そう言うと再び身を屈め、地面に何かを書き始めた。
 一人の老婆が、背を向けて立ち去る。
 老いも若きも、男も女も、一人ひとりとその場を離れ、遂に女とイエスの二人だけが残された。
 イエスは身を起こし、その女に問う。

イエス 「皆はどこに行った? あなたを罰する者は居なかったのか?」
女   「誰も・・・」
イエス 「そうですか。私もあなたを裁きません。どうぞお帰りなさい。」 】  

 私も、あなたを捌きません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR