守破離とゴーストラーター

 クリス・ハートが歌う「home」(木山裕策)であったり、EXILEの歌う「銀河鉄道999」(ゴダイゴ)であったり、かつての名曲がカバーによって甦ることは珍しくありません。
 若年世代は、オリジナルの原曲を知らなかったりもします。

 名言として語り継がれる言葉も同様です。
 例えば・・・。

 『この道を行けば、どうなるものか
 危ぶむなかれ
 危ぶめば道はなし
 踏み出せば、その一歩が道となり 
 その一足が道となる
 迷わず行けよ
 行けばわかるさ』

 この後に「ダァーッ」と続き、 殆どの方が「アントニオ猪木」氏の言葉と思っていますが、実はこれ「一休み一休み」で有名な禅僧「一休宗純」氏の言葉です。

 『やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ』
 
 これも、かつての軍人「山本五十六」氏の言葉として伝えられることが多いのですが、語原は「上杉鷹山」。
 但し、山本五十六は更に掘り下げ、この続きも詠んでいます。

 『話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
  やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。』

 茶道や武道の世界には、「守・破・離」という言葉があります。

「守」:師について習い、その流儀を守って励むこと
「破」:師の流儀を極めた後に、他流をも研究すること
「離」:自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこと

 昨今、ゴーストライターやコピペの乱用が問題視されていますが、先人を凌駕するまでになれば大したものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR