先に憂い後を楽しむ

 このブログは今日で、足掛け4年1,359日継続しています。
 雨の日も風の日も(関係ないけど・・・)、多忙な時も暇な時も、出勤日も休みの日も、体調の良い時も悪い時も、大晦日も正月も、取り敢えず何があろうと毎日続いている訳です。
 
 但し、毎日書いている訳ではありません。
 これは日記ではないので、毎日書く必要は無い訳です。

 基本は当日のブログを前日までに書いてストックし、日付変更線を越える0:00丁度に更新される様セットしておきます。
 「何時に起きてるんですか?」とよく聞かれますが、起きぬけ、もしくは出社直後にfacebookでupしているだけです。 

 スケジュールを見て、「明日は朝から立て込んでいるなぁ」という時は、明後日の分まで書いておきます。
 年末年始等、ゆっくり休みたい時は、暫く前から計画を立てて数日分をストックします。
 その実怠惰な性格の自分が、勤勉にみられるカラクリです。
 
 実は、今日のブログは当日の朝書いています。
 ストックが尽きていたからです。

 ストックの無い日は、「早く書かないといけない」とプレッシャーに成ります。
 そんな時に限って、パワーモーニングのお誘いがあったり、飛び込みの仕事が入ったり、不意の来客があったり、電話が次々鳴ったりするもの。
 時間が経つほどに焦りが出てきます。

 前職の会社では、毎月1枚の読書感想文が義務付けられていました。
 提出できなければ、経営計画書の数頁を模写(4時間かかります)する特典の付いた顛末書。
 月末最終日の夜は、追い詰められた多くの社員が、悲壮な表情で一心不乱に本を読み、感想文を書きます。

 そこで、いつも声掛けしたものです。
 「今の自転車操業を改善するための特効薬がある。
 騙されたと思って、来月だけ二枚書く。
 再来月からは、一枚だけで良い。
 月初に書いても月末に書いても仕事量は同じ。
 しかし、追いかけられてしんどい思いをするか、余裕で追いかけるかでは、気持ち的に全く違う。」

 ブログや感想文だけに関わらず、先憂後楽は仕事を楽しむための肝だと考えます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR