成功はあと一尺掘れ

 2月、速報ベースの仲介実績は、目標達成率108%、対前年比140%と、先月に引き続き好調を維持しました。
 特に、契約金額、契約件数で二冠に輝く石村さんが牽引役となった、松山南店の健闘ぶりが光ります。

 会社として管理すべき数値は様々ありますが、仲介営業力を測る指標である、賃貸仲介手数料(AD含む)三期比較グラフによると、全社全店、今年に入ってからの躍進振りが顕著です。

 通年の傾向は、3月を頂点とした山形のグラフに成ります。
 例年の山と比べてみても、1月、2月は共に過去最高。
 特に2月のポイントは、昨年、一昨年の3月に迫る勢いです。
 さて、このトレンドどう見るべきでしょうか。

 ひとつには、市場全体が好調という見方。
 基本的に、家賃は消費税がかかりません。
 しかし、仲介手数料や引越し代や新居での家具・家電購入を睨んだ、駆け込み転居があったか?
 他店の動向を聞いてみても、決してそれは当たらないようです。
 仮に、我が社だけが好調なのだとすれば、その真因にフォーカスし、更なる成長を目論むべきでしょう。

① ブランドの浸透
② 品揃え(扱い物件)の充実
③ 社員の営業スキルアップ
④ 広告効果・・・等々

 そもそも、成果・不振の原因は一つではなく、様々な事象が複合的に絡み合って生じるもの。
 また、今月手を打ったから来月即成果が出るという、クイックレスポンスはあまり期待できません。

 創意工夫と努力を積み重ね、継続してもなかなか成果につながらない。
 だからといって、努力を止めてしまえばthe end。

 「努力は決して裏切らない」
 「努力のリターンは100%以上」

 この法則を信じて、成果が出るまで継続できるか否かが運命を分けます。
 深さ1mの穴では、温泉も、油も出てきません。

 「成功はあと一尺掘れ」です。  
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR