自己実現の先にあるもの

 改めて、「マズローの五段階欲求」を振り返ります。
 下から上へ昇華するイメージで・・・。

第五段階 「自己実現」  道徳・倫理・使命・存在意義 「何のために生きるべきか」
第四段階 「自我自損」  自信・達成感・承認・尊敬  「他人から認められたい」
第三段階 「社会的帰属」 友情・家族愛・互助・チームワーク 「仲間と助け合いたい」
第二段階 「安全・安定」 健康・雇用・収入・安全・安心 「安全に安心して過ごしたい」
第一段階 「生理的」 食欲・性欲・睡眠・排泄 「生きたい・子孫を残したい」

 内戦勃発のウクライナや、飢餓に晒される北朝鮮の国民は、最下層の「生理的欲求」に直面しています。
 第二次世界大戦終戦後の日本は、「生理的欲求」から「安全・安定」への段階だったのでしょう。

 生きることが保証され、安全・安定が確保されると、会社や町内会やサークルに所属し、人と関わりを持つことに目が向くのです。
 次に、その組織やチームの中で「認められたい」「活躍したい」「褒められたい」という第二本能が芽生えてきます。
 最終的な生きる目的でもある、「自己実現」に悟りを開ければ言うことはありません。

 先日触れた「ゆとり世代」は、少なくとも第二段階まではすっ飛ばしてきます。
 従って、そこから先の階段も踏み出し易いとも言えるのです。

 晩年、アブラハム・マズローは、「自己実現」の更に先があると提唱しました。
 それは、「自己超越」。

 『目的の遂行・達成のみを純粋に求める』
 
 そのためには、見返りも求めず、エゴもなく、自我を忘れ、ただ目的のみに没頭する・・・。
 いわば、「マハトマ・ガンジー」「マザー・テレサ」「イエス・キリスト」の領域です。

 私の様に邪念やエゴにまみれた人間ではなく、自己超越のTOPが誕生した時、NYホームは偉大な会社に昇華することでしょう。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR