社内に敵無し

 会社組織の拡大に伴って、蔓延(はびこ)る生活習慣病が「セクショナリズム」です。

『セクショナリズム』(英: sectionalism、部局割拠主義)
 集団・組織内部の各部署が互いに協力し合うことなく、自分たちが保持する権限や利害にこだわり、外部からの干渉を排除しようとする排他的傾向のことをいう。
 官僚制における逆機能の一つとして指摘されたもので、組織内部の専門性を追求しすぎた結果起こってくる機能障害である。

 例えば、賃貸仲介と賃貸管理。
 創業当初は、少人数のスタッフしかいないため、兼任・兼業は当然です。
 ある程度の規模を超えてきますと、仲介と管理を分業しようという機運が高まります。

【 分業のメリット 】
① 専門性が極められる
② 効率が良くなる

 我が社は、創業間もないことから、管理を分業する程のボリュームがまだありません。
 従って、仲介をしつつ、水道検針もしつつ、オーナー様訪問をしつつ、クレーム応対もする必要があります。
 現場は大変です。
 しかし、一方で分業のデメリットもあります。

【 分業のデメリット 】
① トータル的な仕事の流れを理解し難い
② 入居者様とオーナー様・・・どちらかに偏った見方になる

 管理担当はオーナー様の声、仲介担当は入居者様の声を聞き、各々対応します。
 この二者は、利益相反の難しい関係です。
 両者の間に立ち、ニーズをお聞きした上で、公正な視点から、win-winの落とし所を探る必要があります。
 そしてそれが、不動産営業の仕事です。

 仲介と管理だけでなく、営業と事務、入居管理と建物管理、仲介とリフォーム、等々。
 それぞれがお客様の代弁者として、前向きな姿勢で徹底的に議論し、最終的に会社としてより良い結論が導ければ、それに越したことは無いでしょう。
 しかし、一般的には声の大きさに圧(お)されたり、先のセクショナリズムによって、人間関係そのものに亀裂が入ることも少なくありません。
 
 率直にもの言う姿勢、自由闊達な議論は大いに結構です。
 但し、「社内に敵は居ない」・・・そのことだけは見失わないで下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR