三番目のタイ

 日頃よく、「タイよりもマス」という言葉を使います。
 
 ☓ 宅建に合格しタイ
 ◎ 宅建に合格しマス

 宝くじの様に、運を天に任せるものであれば、「当選しタイ」という願望で構いません。
 宅建合格は、自分自身が合格レベルに達するまで勉強すれば良いだけの話し。
 自助努力で何とかできる訳ですから、他力依存の「しタイ」ではなく、「しマス」の宣言が正しいのです。

 ある方のブログに、三尾のタイの話がありました。
 人間の心の中に棲(す)む、タイです。
 これは、欲求段階の順番通りに並んでいます。
 
1 認められタイ
 初見であれば、事前にHP等で勤務先を調べて、相手を知ってから会う。
 名前でお呼びする。
 再来なら、「いつもありがとうございます」と声掛けする。
 
2 褒められタイ
 単なるお世辞や、社交辞令では響かない。
 しっかりと目を見開き、良い部分にフォーカスし、率直に褒める。

 この二つは、自分が受け身で、相手から「して貰って」嬉しい内容です。
 三歳の幼児でも、褒められれば笑顔に成るでしょう。
 ところが、人間という動物は複雑で、成長すると「貰う」だけでは満足できなくなります。

3 お役に立ちタイ
 良いお部屋を御案内して、入居者様に満足して貰いタイ。
 管理物件の空室を埋めて、オーナー様に喜んで貰いタイ。

 最後のタイは、自分ではなく、他人を喜ばせるためのタイです。
 私の切なる願望は、社内にこの3番目のタイを溢れさせタイと思っていマス。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR