人生の縮図としてのゴルフ

 昨日に続いて、東川先生の本からご紹介します。

【 人はなぜゴルフをするのか? 】
Ⅰ 「動機付け」
 ① 気分が爽快である
 ② 健康のため
 ③ 仕事上のお付き合い
 ④ ストレス解消

Ⅱ 「目標の明確さ」
 ① 目に見える(具体的で明確)ピン
 ② 容易ではないが、さりとて不可能ではないパー
 ③ スコアー表と自分のスコアーとの対比(進捗)
 ④ 自分とメンバーとのスコアーの対比(競争)
 ⑤ OBというペナルティ
 ⑥ 決められた明確なルール

Ⅲ 「ゲームの完結性」
 スタートからグリーンまで完全に責任を持たされ、最終ホールまで自分の腕次第

Ⅳ 「フィードバック」
 各ショット毎、ホール毎、成績が数字で示され、9番ホールと18番ホールでのフィードバックがある

Ⅴ 「多様な技術を駆使できる」
 ① ホールによって異なるコンディション
 ② クラブの種類
 ③ 易しいところ(フェアウェイ)と難しいところ(ラフ・バンカー)
 ④ トラブル(林・池・OB)

Ⅵ 「任される判断」
 ① 距離の判断
 ② グリーンを読む
 ③ クラブを選ぶ
 ④ スタンスを決める

 確かに、セルフマネジメントそのものです。
 そして、変化に富んでいて、上手くいかないからこそ面白い。
 百発百中でホールインワンできるゴルフなど、誰もやらないでしょう。
 これは人生の縮図かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR