元旦は4月1日

 いよいよ今年も残すところ今日一日だけとなりました。
 光陰矢の如しとは良く言ったものです。
 少しだけ一年を振り返ってみます。

 実質四年目となる第5期(H24年8月~H25年7月)決算は、おかげさまで史上最高益。
 先行投資の過去三年が悪過ぎただけですが、何はともあれ、曲がりなりにも最高益は最高益です。
 少なくとも、過去の種蒔きが奏功し、やっと芽が出て、花が咲き、実がつくところまできたと言えるでしょう。

 そこで迎えた第6期も5か月が経過し、月間目標達成は3勝2敗で、何とか勝ち越せました。
 店舗毎にはバラつきがあるものの、受注・売上はほぼ予定通りに進んでいます。
 管理戸数も順調に増えつつありますし、必ずしも悪くない数字です。

 但し、満足している訳ではありません。
 TOPが満足した段階で企業の成長は止まる・・・だから、いかにパフォーマンスを上げようとも、絶対に満足はしないのですが、そんな高尚な次元ではなく、目前の改善領域が多大に広範に山積しています。
 
 後発の会社として、未熟さを痛感させられた一年でした。
 一方、多大で広範で山積する改善領域を、成長シロという言葉に置き換えれば、我が社は可能性の宝庫です。
 若手社員が経験に伴って習熟し、幹部社員がリーダーシップを高め、管理ストックが増大し、知名度が上がり、信用が蓄積されていけば、飛躍的に良い会社となる可能性を秘めています。 
 
 年が明ければ、社運を賭けた繁忙期に突入。
 今期業績も、会社の未来も、賞与も昇給も、雇用の拡大も、総てはこの3ヶ月間にかかっているといっても過言ではありません。

 賃貸仲介業にとって元旦は1月1日ではなく4月1日。
 自らの努力で機会を掴み、未来を拓きましょう!

 今年一年の御愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR