感情に言葉を乗せる

 坂東玉三郎さんと言えば、御存じ歌舞伎界のスーパースターです。
 今から十数年前、内子座での舞台を観賞したことがあります。
 
 身のこなし、表情、足の運び・・・無駄な動きは一つもなく、その妖艶さに魅了されました。
 やはり一流の方は違います。
 
 さて、その坂東玉三郎さんが映画監督を務めた際、キャストにこう要求したそうです。

『言葉に感情を乗せるのではない。
 感情に言葉を乗せるのだ。』

 なるほど・・・呻るしかありません。
 役者は、ベテランになればなるほど自分の技量を過信し、言葉に感情を乗せようとします。

 確かに上手い台詞回しではあるけれど、もう一つ観客の心を動かせない。
 一方、経験も技量も未熟な役者から繰り出される、朴訥とした台詞に感動を覚えることもあります。

 我々の仕事も同じです。
 営業マンは、年期を積めば積むほどに、こなれた営業トークを繰り出すことができます。
 理論も知識も正しいにも関わらず、何故かお客様には響かないこともあるでしょう。

 緊張しながら、詰まりながら、噛みながら、汗を拭き拭き一所懸命説明をする新米営業マンに、軍配が上がることもあります。
 
 「お客様にとって住み心地の良い住宅を提供したい。」

 こうした強い想いが先にあり、感情を言葉に乗せて説明するからです。
 勿論、熟練したトークや技量をもったベテランに、そうした想いが備われば鬼に金棒でしょう。
 幾ら経験を積んだとしても、決して忘れてはならない初心です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR