人間の実相

 ロシアの文豪トルストイは生前、「東洋の寓話を読んで大きな衝撃を受けた」と洩らしています。
 この寓話を語ったのはお釈迦様という設定です。

『今から幾億年もの昔、木枯らしの吹く果てしない広野を、一人とぼとぼと歩く旅人が居た。
 歩を進める薄暗い野道に、白い塊が点々と散らばっている。
 拾い上げてみると、何とそれは人間の白骨だ。

 ふと気付くと、前方の闇の中から異様な呻り声と足音が聞こえてくる。
 飢えに狂った獰猛(どうもう)な大虎がまっしぐらに突進してくるではないか。
 旅人は、今来た道を全速力で引き返し、虎から逃れようとした。

 しかし、何処で迷ったか道は行き詰まり、断崖絶壁の崖が待ち構える。
 虎は凄まじい形相と鼻息で近付いてきた。
 絶体絶命と思った次の瞬間、断崖に生えた木の元から一本の藤蔓(つる)が垂れ下がっている
 旅人はその蔓を伝い、するすると崖の下に降りて行く。

 「やれやれ助かった。」と安堵も束の間、旅人は下方を見て息を呑んだ。
 底知れない深海の怒涛が絶壁を洗う波間から、三匹の竜が真っ赤な口を開け待ち構えているではないか。
 恐怖は、それだけでは無かった。

 見上げると、大きな呻り声を上げる虎の足元に、白と黒の二匹のネズミが現れ、あろうことか藤蔓の根元を交互にかじっている。
 万事休す・・・旅人の顔は青ざめ、歯はガタガタと鳴り震えが止まらない。

 ところが、その恐怖も長くは続かなかった。
 崖の途中で巣を作っていたミツバチが、旅人の口元に甘い蜜を数滴垂らしたからである。
 旅人は、直面した現実の恐怖を忘れ、その甘い蜜に陶然と心を奪われてしまったのだ。』
 
 この話を聞いた聴衆の一人は、呆れた表情で言いました。
 「これほど危険な状況に晒されながら、たった数滴の蜜に恐ろしさを忘れるとは何と愚かな。」
 釈迦は頷いて答えます。

 「この世の、すべての人間が、この愚かな旅人なのだ。」

 貴方にとって虎とは? 竜とは? ねずみとは?、そして甘い蜜とは何か?
 これぞ、人間の実相です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR