ビジネスマンのマイルストーン

 今年から、賞与支給は年2回から3回に変更されました。
 ・・・こう書くと勘違いされるかもしれませんが、評価期間と支給時期が変更になっただけで、待遇改善とは違います。

 これまで 
① 10~ 3月 6ヶ月間評価  7月支給 
②  4~ 9月 6ヶ月間評価 12月支給 

 これから
①  7~10月 4ヶ月間評価 12月支給
② 11~ 2月 4ヶ月間評価  4月支給
③  3~ 6月 4ヶ月間評価  8月支給

 この見直しの狙いはどこにあるのでしょうか?
 まず、評価期間から支給月までの時間を詰めることで、成果に対するフィードバックを迅速に行うことができます。
 これまでのやり方だと、評価期間の努力と成果が報われるのは9~3ヶ月後。
 良かったにしても悪かったにしても、評価する側もされる側も、その当時の熱はすっかり冷め、支給は忘れた頃です。
 
 次に、評価期間を刻むことで、常に新鮮な気持ちを保つことができます。
 半年評価では、出足で躓(つまづ)き長く引き摺(ず)ることもあるでしょう。
 改善後のやり方なら、例え4ヶ月が不振でも「次は挽回しよう」という気に成りますし、成績優良者も胡坐をかく暇が無いのです。
 
 人間は、ずるずる、だらだらでは、そのポテンシャルを発揮できません。
 マラソン選手が、折り返しや10㎞毎のラップタイムを意識することで、完走までのペースを保つ様に、評価期間はビジネスマンのマイルストーン(一里塚)です。  

 さあ、評価の善し悪しはともかく、既に新たなるレースは始まっています。
 幾ら悔やんでも嘆いても、過去は一ミリも動きません。
 余韻に浸ることなく、次のゴールを目指しましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR