収賄罪の前科者

 先日の夜、中小企業家同友会の後、店長二名と共に例によって民酒党へ。
 多岐に渡るジャンルで、侃々諤々の激論を交わし、ふと気が付けば24:00。
 久々の午前様です。

 最も白熱した大野店長と石川店長の「婚活トークバトル」の内容は後日触れるとして・・・。
 真面目な話もしました(決して婚活が不真面目ということではありません)。

 「不動産業界って誘惑が多いよね」の件。

◆誘惑① 売買仲介が成約になった際、「会社には2%にして貰えれば、貴方に1%バックするから♪」
◆誘惑② サブリースメーカーの担当者から「決めてくれたら、貴方に一ヶ月分支払いますから♪」
◆誘惑③ 入居を決めたオーナー様から現金入り封筒を渡され、「会社には内緒にしておいたら良いの♪」

 これらのシステム、意外にも業界では一般的。
 メーカー担当者もオーナー様も、何のてらいもなく、当たり前の様に耳元で囁くのです。

 「先輩も貰っている」、「店長もかつて貰っていた」・・・こうした情報によって、「赤信号みんなで渡れば怖くない」と、次第に良心の呵責が薄まります。 
 回数を重ねると罪悪感の欠片も無くなり、自ら個人バックを求めるところまでエスカレートするのです。
 繁忙期に財布が立つ営業マン、年収が倍になる営業マンも珍しくありません。

 ちなみに弊社は、現金はおろか、商品券も、クオカードの一枚に至るまで、すべて会社で召し上げます。
 発覚すれば当然に懲戒処分の対象です。

 Q : 何故ですか?
 A : 犯罪だから。

 賄賂(わいろ) = 自分の利益になる様、取り計らって貰う等、不正な目的で贈る金品。

 先述したケースで賄賂を受け取った当事者は、確実に収賄罪です。
 会社をクビになった挙句、前科者に成りたくなければ、誠実な営業を心がけましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

サブリース詐欺は横行

いやらしい世界

ビシバシ逮捕してくれなくちゃ
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR