SNSの狙いと功罪

 最近、スマホやSNSの弊害が声高に叫ばれています。
 ツイッターやブログも同じです。

 確かに自分も、頻繁にスマホやパソコンを開いて投稿したり、「いいね」を押したり、コメントしたりする、依存症的な傾向は否めません。
 こうした行動パターンは、既に生活の一部に成りました。

 ただ個人的には、一心不乱にゲームを楽しむよりは健全だと思っています。
 何故ならそこには、ヴァーチャルといえども、人対人のコミュニケーションがあるからです。

 直接的に仕事の宣伝をしなくても、SNSのコミュニケーションから発展して相談を受けることや、結果的に商売に結び付くケースは枚挙に暇がありません。
 
 従って我が社は、仕事中のSNSも、ある程度容認しています。
 勿論、節度を弁(わきま)えることは当然です。

 冷蔵庫の中で横たわる写真や、真っ裸で餃子を食べる写真は論外として、自分の身近でも、交通違反で検挙された警察に逆切れして憤る内容の投稿や、一般人の写真と実名を晒し繰り返し糾弾する、非常識な内容が散見されます。

 また、空気を読むことも重要です。
 資格試験を直前に控えた人が「警察24時」のTVとかを見て投稿していると「おいおい」と思いますし、今月実績の振るわない管理職の方が月末に遊び呆けている内容を書き込むと、「意識が足らない」と感じることもあります。

 さて、こうした内容を書くと、「こんなことだから社長とつながるのは・・・」と思う人もいらっしゃるでしょう。
 しかし、大袈裟に言えば、それも人間教育の一環です。
 
 堅苦しい、生真面目なことだけを書けということではなく、人として正しい主張や感覚を身につけて頂きたいと考えています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR