コンビニに学ぶ繁栄の鍵

 10月3日(木)日経新聞第二面に、コンビニ各社を比較した記事が出ています。
 以下、上位三社の一日当たりの売上と来店数です。

◆ セブンイレブン  669,000円(1,052人)
◆ ローソン     547,000円(  873人)
◆ ファミリーマート 523,000円(  550人)

 業界第二位のローソンに比較して、TOPのセブンイレブンは20%超上回っています。
 記事中、セブンの強みは「欠品は悪」の文化にあると分析しています。

 今から四半世紀程前、自分が某菓子店の店長をしていた時代の話です。
 ケーキや生菓子の消費期限は1日限り。
 売れ残った商品は、総てロスとして廃棄処分されます。

 貧困な幼少期を過ごした私は、勿体ない意識が強く、「ロスは悪」と認識していました。
 従って、オーダーも消極的になってしまうのです。

 夕方のかきいれ時になりますと、ショーケースの在庫は乏しくなり、品数も限られます。
 車が駐車場に入ったお客様が、自動ドア越しにガラガラのショーケースを見た瞬間、踵(きびす)を返して入店しないお客様を、悔しい思いで何度見送ったことでしょう。
 お客様は、ケーキを買いにくる目的と同時に、「選ぶ」ことが楽しみなのだと教えられました。

 我々の業界も同じです。
 大手であろうと中小であろうと、チェーン店であろうとオリジナルブランドであろうと、お客様は品揃えの豊富なお店で、最良のお部屋を選択したいと思われています。
 何より、弁当や菓子と違って、我々が仕入れた商品は腐るリスクがありません。

 物調(物件調達:仕入れ)が、いかに大切か?
 異業種であるコンビニの記事からも、賃貸仲介業繁栄の鍵を知ることができます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR