費用を超えるリターンの担保

 いつもお世話になっているクライアントの会長から、会食のお誘いを受けました。
 こうしたお誘いは、年に何度か頂きます。
 
 本来であれば、儲けさせて頂いている弊社が接待しなければならないのですが、立場はいつも逆。
 一次会、二次会と、御馳走になってばかりです。 
 重ねて、土地取引できた際には、高級ネクタイを頂きます。
 「足を向けて眠れない」とは、まさにこのことです。

 先日の店長会で、「仕事に結びつくのであれば接待交際費も厭(いと)わない」という通達をしました。
 実は、創業5年目に成るこの会社、接待交際費を殆ど使いません。
 無駄遣いしない文化は良しとしても、そこがネックとなって営業が消極的になってしまっては本末転倒です。

 この地域の業界人なら誰もが知る某実力者は、接待交際費を湯水の如く散財することで有名でした。
 その方は確信犯で、次の序列を持論としています。

 1. 交際費を使わずに、仕事を取る
 2. 交際費を使って、仕事を取る
 3. 交際費を使わずに、仕事を取らない
 4. 交際費を使って、仕事を取らない

 従って、「自分は上から二番目だ」という訳です。
 丸呑みできないにしても、一理あります。

 「交際費が認められないから仕事が取れない」という言い訳をする人間よりは潔く、諸刃の刃ではあっても会社にとって有益です。
 経費を使うということは、それを上回るリターンを担保する様なものですから、その責任を重いと感じる人は、決して積極的に声を上げません。 

 「社長が接待交際費を使わないから言い難い」というのはまずいので、これからは社長が率先垂範して接待交際費を使いまくる・・・というのは冗談ですが、「必ず仕事に結びつけるから経費を認めてくれ!」と強く主張できる社風を醸成したいと思っています。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR