最も公正なジャッジマン

 抽象的なお話しで恐縮ですが、甲と乙との間で、一つのトラブルが発生しています。

 社名に冠した通り、中立・公正=ニュートラルに立ち振る舞うことが仲介会社の本分です。 
 その中立的な立場から見ても、今回ばかりは乙の主張が間違っています。

 というよりも、明らかに悪意です。
 お話しを重ねれば重ねる程、その悪意がクローズアップされてきます。
 事実で無いことをでっち上げ、何かといちゃもんを付けてこられるため、久々に電話口でエキサイトしました。

 この主張を受け入れたならば、誠実に対応して頂いている他のクライアントとの公平性が保てなくなります。
 不当要求には毅然たる態度で接し、決してゴネ得は許してはなりません。
 甲には法的責任も瑕疵も無い以上、胸を張って対峙すべきです。
  
 沸々と湧き出ずる青臭い正義感が、「徹底抗戦せよ」と呼びかけます。
 しかし、ここで一旦頭を冷やし、冷静に成って状況を俯瞰するのがビジネスの判断です。
 
 正義を錦の御旗に掲げ意地を貫き通したとしたら、さぞかし気分は爽快かもしれませんが、当事者やステークホルダーへの負のリスクが膨らむ恐れがあります。

 リスク発生の確率と被害想定額と、要求を呑んだ場合の費用を天秤にかけ、損得を判断する余地を残すことが、私達の役割です。
 感情を押し殺し、忸怩たる想いで、交渉のテーブルを振り出しに戻しました。
 正義を賭けた闘いになるか、ゴネ得を容認して実を取るか、現時点で結論は判りません。

 ただ、最も公正なジャッジマン、神様は見ています。
 短期的に僅かばかりの金を得たとしても、その人は信用を失い、長期的には帳尻を合わさざるを得なくなるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR