人は城、人は石垣、人は堀

 「日本政策金融公庫」主催、「夢をかなえる創業支援セミナー」に参加して参りました。
 「創業を考えられている方」もしくは「創業間もない方」を対象としているにも関わらず、創業5年目を迎える私が参加した理由はともかく、会場の商工会議所(大手町)は沢山の参加者で埋まっています。

 税理士の先生による「創業計画の立て方」、社会保険労務士の先生による「人事労務管理の話」、その他「知って得する創業支援策」、はたまた個別相談会と充実の内容です。
 
 『経営計画は重要だが、計画通りに行くほど甘くはない。
  計画通りに行かないから不要なのではなく、方向がずれた時に気付くため、修正するために必要。
  ルートを外れた時に、正規なルートへ戻そうとするナビのようなものである。』

 確かに、計画があるからこそ、上手く行っているか否かの判断もできます。
 無ければ、それこそ闇夜に鉄砲です。

 次に、人材採用時の面接についてレクチャーがありました。

 ① 当社の志望動機
 ② 健康状態
 ③ 前職を退職した理由
 ④ 自分が絶対に他人に負けないと思う点
 ⑤ この仕事をする上で求められる能力

 特に、③の「前職を退職した理由」だけは必ず聞いて下さい、と念押しされます。
 というよりも私の場合、「前職を退職した理由」しか聞きません。
 他の質問もしますが、決め手はここです。
 常識的なヒアリング内容と思いますが、受ける側は意外と無防備だったりします。

 『実は、履歴書には書いてないのですが、前の会社の上司のパワハラが原因で、精神的に参ってしまって・・・。』

 正直というのか、赤裸々に語ってくれる方がいらっしゃいました。
 「具体的にはどういうことがあったのか」と訊ねると、至極当たり前の指導が成されているだけです。
 当の本人としては、ここぞとばかりに自らの正当性をアピールしたつもりなのでしょうけれど、受け止め方は以下の通り。 

 素直さが無い、謙虚さがない、自己責任で受け止められない、辛抱が足らない、不平・不満・愚痴・批判・・・。
 当然の結果として、様々な職場を短期間で転々とされています。
 
 「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

 どうせなら、価値観の合う仲間と仕事したいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR