FC2ブログ

偶然を装う必然の再会

 先日のオーナー様向け「感謝の集い」で、不思議な縁を体感しました。

 大洲市で産婦人科医院を開業されているAオーナー様は、御夫婦での参加。
 4年前に開業した時、奥様は「我が子に逃げられた様な思い」と滝井店長を訪ねられ、先方からリプレイスを希望して、お任せ頂いた方です。
 一方、松山北店でお世話になっている女性のBオーナー様は、お一人での参加でした。

 店舗も経緯も年代も違う、何のつながりも無い様に見えるこのお二人が、よもや恩師と教え子の関係だったとは・・・。
 しかも愛媛ではなく、熊本県でのエピソードです。

 時間を蒔き戻してみましょう。

 熊本県で教職に就かれていたAさんと、教え子のBさんは、教室で出会います。
 Bさんは、年齢も近く、話し易いその先生のことが大好きでした。
 やがてBさんは卒業し、先生の元を離れます。

 Aさんはその後、愛媛県大洲市の産婦人科の先生の元に嫁ぎました。
 別々の道を歩みながら、その跡を追う様にBさんも、愛媛県松山市に嫁ぎます。

 結婚、出産、子育て・・・ライフイベントを経て、別々のエリアで二人はマンション経営に携わりました。
 星の数程ある管理会社の中で、二人がたまたま選んだのはNYホームという無名・後発の会社です。

 訪れた運命の日。
 「感謝の集い」というイベントで、二人は距離も時空も超え、偶然にも同じテーブルの席に着きます。
 何十年振りかの再開は、運命の糸に引き寄せられたかの如く劇的なものでした。
 
 更に、このBさんの娘さんが住まわれている御自宅は、前職時代にプロデュースした分譲マンションで、松岡が営業担当だったというオマケ付きです。

 『人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。
 しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。』 森信三
 
 縁の大切さと素晴らしさを再認識させられる、偶然を装った必然の再会に、畏敬の念を抱かずにはいられません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

鳥肌ですね…
それだけで仕事してたことに感謝できます。
知れた事に感謝ですね♪
隠れた同じ出来事はあるかもしれないですが、逆ハインリッリですね(笑)

Re: タイトルなし

 他業者様、コメントありがとうございます。
 このリアルな出来事を、どこまで伝えられたか判りませんが、現場で遭遇した時には、本当に鳥肌ものでした。
 逆ハインリッヒ・・・確率を超える運命はあるということかもしれませんね。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR