FC2ブログ

素直さの初段

 人生成功の秘訣は様々ありますが、「素直」さは重要なファクターのひとつです。
 日常慣れ親しんだ「素直」の意味は何か。
 辞書を紐解きますと次の様に書かれています。

1.ありのままで飾り気の無い様
2.態度などが穏やかでひねくれていない様

 付け加えるならば、「事象や提言を受け入れられる寛容な心」とも言えるでしょう。
 パナソニック創業者「松下幸之助」翁は、次の文章を残しています。

 「聞くところによると、碁を習っている人は、大体一万回くらい碁を打てば初段になれるということです。

 素直な心の場合もそれと同じようなことが言えるのではないかと思います。
 まず素直な心になりたいと朝夕心に思い浮かべ、そうしてたえず日常の行ないにとらわれた態度がなかったかを反省する。
 そういう姿を一年、二年と続けて、一万回、約三十年を経たならば、やがては素直の初段ともいうべき段階に到進することもできるのではないかと思うのです。

 素直の初段にもなったならば、まず一人前の素直な心と言えるでしょう。
 だから大体において、過ちなき判断や行動ができるようになってくると思います。」

 こうした経営の神様の言葉を御紹介しても、「なるほど今日から心掛けていこう」と受け入れられる人と、斜に構えて読み流す人に分かれます。

 勿論、総てに迎合するyes manのススメではありません。
 自分なりの信念やポリシーはしっかりと持った上で、良い点や取り入れられる点は認め、学びとしていく姿勢を指します。
 
 泣いても笑っても、たった一度しかない人生です。
 どうせなら昨日よりも今日、今日よりも明日と僅かずつでも心を高め、穏やかな一生を送りたいもの。
 
 かく言う私も、約半世紀生き永らえながら、未だ白帯の未熟者です。
 それでも日々、省み、戒め、素直な心でありたいという想いだけは常に持ち続けています。
 いつの日か、素直さの初段と成る日を信じて・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

 本当におっしゃる通り、子供の内は純粋無垢で、素直な心が、経験を積み、年を重ねる程に自我が芽生え、妙なプライドや意地が邪魔してきます。
 素直な人間になろうとする想いを持ち続けることが肝要ですね。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR