夢の港を目指す航海

 会社経営を船旅に例えます。
 
 今から4年前、穏やかな瀬戸内海で、数名の水夫と小さな船に乗り組みました。
 今日食べるだけの魚を取る、その日暮らしではありましたが、それなりに充実した毎日。

 やがて使命感を悟り、大きな志と目標を掲げ、遥か太平洋を越え夢の港を目指すことにしました。
 太平洋は、瀬戸内に比べて波も高く、うねりも大きい。
 その荒波に呑み込まれないため、徐々に船を大きくして、水夫を増やします。

 様々な危険や困難にも晒されましたが、その経験が水夫を鍛え、能力を向上させたことは間違いありません。
 一方で、多くの水夫を失いました。

 入港の直前、ふと振り返った時に、古くからの水夫が誰一人居なかったとしたらどうでしょう。
 創業時から苦楽を共にしてきた同志が、「昔は未熟だったなぁ」「あの時は本当に沈没を覚悟したよ」と昔話に花を咲かせ、互いの成長を讃えあえてこそ達成感や充実感に包まれます。
 それが、夢の港です。

 そういう意味で、誰一人欠けることなくゴールできるのが理想でしょう。
 しかし、現実はそう甘くありません。
 過去を振り返れば、他の船に乗り換えた水夫も、能力の限界を悟って自ら船を下りた水夫も、自身の力足らずで守ってやれなかった水夫も居ます。
 
 船長として、大いに反省をしなければならないことも多々あります。
 それでも、再び瀬戸内海に戻ることはできません。

 吉田拓郎の歌ではありませんが、古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR