スイッチオン!後編

 武樋社長は、真逆の切り口から、異動のメリットを教えて下さいました。

【 異動のメリット 】
① 社員の職務領域が拡がり、能力と自信がプラスされる
 ※ 城南エリアしか判らなかった営業が、城北エリアに異動することで、市内全域について対応可能になる

② 前担当者との間で、良い意味での競争意識が煽られる
 ※ 「よし、前任者よりも成績を上げてやるぞ!」というモチベーション

③ 職種替えによって、隠れた才能や適性が引き出されることがある
 ※ 「営業は向いていない」と思っていたが、やってみると楽しいし、お客様からも評価される 

④ オールマイティーな社員が増え、緊急時のヘルプ体制が取り易い
 ※ 産休や事故や急な退職で穴が空いた店舗に、他店からヘルプを送り込み易い

⑤ マンネリを是正することができる

⑥ セクショナリズムや言い訳が無くなり、全社が一枚岩となる
 
 特に、この⑥の効果が絶大だと言います。
 「あの店は、ベテラン揃いだから・・・」
 「あの店は、管理が多い(少ない)から・・・」
 「あの店は、市場に恵まれているから・・・」
 「あの店は、本社のスタッフがいるから・・・」
 「あの店は、単価が高い(低い)から・・・」

 数字が伸びない時、ついつい他店と比べ「できない理由」を探してしまうのは、営業の悲しい性(さが)です。

 「こんな古い物件を仕入れてきやがって、入居付なんて到底無理!」
 「こんな性質(タチ)の悪い入居者を入れやがって、督促する身にもなってくれ!」 

 会社が大きくなり分業化が進みますと、管理と仲介との担当者間で、こうした諍(いさか)いが生まれます。
 
 店舗間異動や職種間異動をフレキシブルに行うことで、言い訳やセクショナリズムだけでなく、身勝手・独りよがりな言動も陰を潜め、相手の立場が分かり互助の精神に満ちた社員の集まりへと進化していくのです。

 F社に倣い、我が社もそろそろ、聖域に踏み込むべき時期かもしれません。  了
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR