仮説を確信にする視察

 本日は、高知でエイブルネットワーク三店舗を運営されている、ファースト・コラボレーション様を訪問します。
 視察は、昨年に引き続き二回目です。

 15名の社員に「この指とまれ」と呼びかけたところ、定休日であるにも関わらず11名が参加を申し出られました。
 不参加の方も、どうしても外せない予定があったためと聞いています。

 決して、休日出勤手当が出る訳ではありません。
 それどころか、飲食も自腹、往復の高速道路料金も片道分しか出ない・・・にも関わらず、自主的に勉強しようという意欲には、感謝を通り越して本当に頭が下がります。

 勿論、休みを返上してでも学びたいと思わせる程に、ファースト・コラボレーション様の取り組みが素晴らしいからでしょう。

 エイブルの看板を掲げる同志は、全国に沢山いらっしゃいます。
 しかし、我々の様に多店舗展開されている企業は少数です。

 また、立派な売上を上げる企業も沢山あります。
 しかし、立派な経営をされている企業は稀少です。

 お客様満足を追求するbig smile活動で不動の日本一を堅持し続け、トップクラスの契約数を誇るファースト・コラボレーション様は、正に弊社のベンチマークと言えます。

 今でこそ、地域に根を張り、揺ぎ無い地位を築いていらっしゃるファースト・コラボレーション様ですが、最初から順調だった訳ではありません。

 エイブルの知名度が認知されない創業時、反響・集客・売上は伸び悩んだでしょうし、big smileに取り組み始めの時も、お客様満足と社員満足と売上は必ずしも比例しなかった筈。
 途中で諦めていたならば、今日の繁栄は訪れなかったのです。
 
 草木の鬱蒼と生い茂った獣道を切り拓き、山の頂上を目指す過程で、先行きを見通すことができず、挫折しそうになることもあるでしょう。
 今の地道な取り組みの先にこそ、明るい展望があるのだという仮説を確信とするためにも、しっかり学んできたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR