NFLの光と闇

 先日、元阪神タイガースの金本選手が、数億円もの大金を友人に騙し取られた事件が報道されていましたが、アメリカプロスポーツ界の「光と闇」は更に悲惨です。
 特に国民的な人気を誇るNFL(National Football League)の実態は驚愕に値します。

【 アメリカ南部の貧しい町で育ったジャマール・ルイス氏は、「この町から抜け出したい」とハングリースピリットを掻き立て、熱心にアメリカンフットボールの練習に取り組みました。
 卒業後は奨学金を得て、名門テネシー大学に進学。
 
 2000年、名門レイブンズに入団した時の契約金は10億円。
 全米最大のスポーツイベント「スーパーボウル」にも出場。
 記録も次々塗り替え、チーム歴代のベストプレーヤーにも選ばれました。
 現役生活10年間で総額40億円以上を稼ぎ出し、文字通りアメリカンドリームを実現したのです。

 ルイス氏は一方で、友人に誘われるまま、さまざまな事業に手を出します。
 遊園地建設に18億円。
 運送会社とレストラン経営にそれぞれ5億円。

 短いNFLの選手生命を鑑み、引退後の安定した生活を見据えた筈の各種事業は、共同経営者のずさんな運営などでいずれも失敗。

 「大金は、いったいどこへいってしまったのか・・・。何が起こったのかさっぱり判らない。」

 天国から地獄へ真っ逆さま。
 自己破産によって自宅を差し押さえられ、総ての財産を失ってしまったルイス氏。
 現在は、トラック会社のセールスの仕事をしています。 】

 ところが、このルイス氏の話は特殊な事例ではありません。
 NFLでは、引退後5年以内に自己破産する選手が、実に78%にも及んでいるのです。
 NBAでも、60%だと言います。

 学生の頃からスポーツ一筋に取り組んできたが故、経済観念と知識が著しく欠落しているプロスポーツ選手は、高額な収入に集(たか)ろうとする輩(やから)にとって、格好のカモなのです。
 
 無知は罪・・・知識は、自己防衛上も必須の武器と言えるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR