メッセンジャー卒業:後篇


店長 : いや、気持ちは判るよ。 俺も最初は理解できなかったんだ。  
    でもな、よくよく考えるとこれは戦略的な仕掛けなんだ。
    君もお客様の立場で考えてみてくれ。 やっぱり待ち時間ってイライラするだろう。

社員 : そりゃ、たまに外食先で待たされると腹が立ちますけど・・・。

店長 : だろう。 それがこのサービスによって、イライラの待ち時間がワクワクに変わるんだ。

社員 : イライラがワクワクですか・・・なるほど。
    だけど店長、毎週金曜の夕方に来るハンバーガー20個注文の柔道部員だったら、絶対1分無理っすよ。

店長 : なるほど、そんなケースもあるよな。
    でもな、ハンバーガー20個も買ってくれる上得意なら、一個くらいサービスしても良いんじゃないか?

社員 : ま、まあ、確かにそうですね・・・。

店長 : それにな、俺、課長に確認したんだ。
    このキャンペーンは、評価の対象じゃないってことを。
    つまり、時間超過で提供したハンバーガー券が多いからって、ペナルティは無いってことさ。

社員 : えっ、そうなんですか?
    自分は要領が良くないんで、てっきり時給が下がるんじゃないかって心配してたんです。

店長 : だから言ったろう戦略的な取り組みだって。
    キャンペーンを張ることで、マスコミ各社が挙って報道してくれる。
    この広告宣伝効果は、無料券何十万枚分もの価値だ。
    更に、無料券を貰った人が再びリピートしてくれて、ついで買いしてくれれば売上も上向く。

社員 : するとぉ、自分の時給も上がるってことですねぇ♪

店長 : こらっ、調子に乗るな!

社員 : てへっ♪

 ・・・田舎芝居のシナリオの様な台詞回しはともかく、前篇と後篇の店長の言葉の違いは歴然としています。
 管理職である以上、メッセンジャーは卒業しましょう。  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR