虎穴に入らずんば

 かつての同僚が、独立起業の挨拶に来られました。
 10数年前、分譲マンション部長の時に受け入れた新人営業マンが、社長と専務ですから感慨も一入(ひとしお)です。

 これから望むと望まざるとに関わらず、シビアな現実を目の当たりにします。

 数字が上がろうと上がらまいと、月末に貰えていた筈の給料は、稼がない限りゼロです。
 経費は確実に、待ったなしで出て行きます。

 「ツールが無い」「商品が悪い」「市場が厳しい」「上司が悪い」・・・。
 数字の作れない時、口にしていた様々な言い訳も、天に唾する様なものです。
 
 だからこそ、自分の力で何とかするしかない、という覚悟が備わり、
 自分の力で何とかできる、可能性が拡がります。

 二人での起業は、諸刃の刃です。
 苦しい時には助け合い、勇気付け合うことができます。
 楽しい時や嬉しい時には、共に喜び合うことができます。

 一方で、損益分岐点も二倍となります。 
 単純計算で、毎月コンスタントに100万円以上の手数料を稼がなければなりません。

 松下幸之助氏や五島慶太氏が、一大企業を築き上げた後、若手の社員に向かって異口同音に語っています。
 「もし貴方の若さをくれるなら、全財産を引き換えにしてでも良い」

 二人とも30代、体力的にも無理の効く年齢です。
 20年後30年後を見据えられるこの時期の起業は、ベストなタイミングと言えるでしょう。

 何度も言うように、リスクはあります。 
 それでも、「虎穴に入らずんば虎児を得ず」
 夢・希望・ロマン・やりがいは、サラリーマンの時代とは比べ物に成らない筈です。
 
 二人の前途に幸多からんことを祈念致します。
 おめでとう! お互いに頑張りましょう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR