ポジティヴシンキング

 ポジティヴ⇔ネガティヴの移ろいは、実に繊細なものです。

 基本的に人は皆、順境時にはポジティヴでしょう。
 但し、人間は面白いもので、順境が長く続くと逆に不安が過ぎりネガティヴになったりします。
 逆境下においては、概ねネガティヴに陥るものです。

 成功哲学の世界では、例外なくポジティヴシンキングの重要性が説かれます。
 先述の理論からすると、順境時には放っておいてもポジティヴなのですから、そもそもポジティヴシンキングなど必要ない訳です。

 ビジネスも人生も、常に順境という訳にはいきません。
 基本的には逆境の連続であり、思う通りにならないからこそ、ポジティヴシンキングが重要なのです。

 まずネガティヴな人の基本は、過去を悔み、現在を嘆き、未来を悲観します。
 ◆ 過去「あの時ああすれば良かった・・・」
 ◆ 現在「だからこんなことに成ってしまったんだ・・・」 
 ◆ 未来「これから先もこの厳しい状況は変わらないだろう・・・」

 一方ポジティヴな人は、過去を踏まえて、現在に最善を尽くし、未来を楽観します。
 ◇ 過去「あの時はああすれば良かったに違いない。」
 ◇ 現在「よし、今できる最善の手段を講じよう!」
 ◇ 未来「そうすればきっと明るい未来が拓ける筈だ!」

 過去に捉われ、未来を悲観しながら、現在を生きるほど寂しいことはないでしょう。
 
 心の声は、言葉に表れるものです。
 ネガティヴな言葉は、自らを洗脳するだけでなく、周囲にも伝播します。
 うっかりネガティヴな言葉を発した時は、すぐにポジティヴな言葉で塗り被せることが肝要です。
 
 「あの時、大盛りにさえしなければ、このジーンズが履けたのに・・・。
 よし、今日からダイエット開始!
 来月の旅行には、このジーンズを履いて行くぞ!」

 どんなに悔もうとも、過去は一mmたりとも動きません。
 何とかできるのは現在だけ。
 自らの力で変えられるのは未来だけです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR