理念と経営:上

 繁忙期でもあり、松山第三支部二月例会は一人ぼっちでの参加です。

 「梅本の里」杉本さん、「オルソ」本田さん、「ナカフードサービス」中さんの三名をパネラーとしたパネルディスカッション「支部三役が語る同友会活用術」は、大いに勉強になりました。 

Ⅰ 「特別養護老人ホーム梅本の里」施設長 杉本太一さん
 入所されている老人の「紙おむつ」外し(日中のみ)に、三年計画で取り組まれています。
 但し導入時には、職員の猛烈な抵抗に遭いました。

 当然に粗相のリスクが高まりますし、後始末や、掃除・洗濯は大変でしょう。
 そうしないためには、毎朝全員をトイレに座らせる訳ですが、その労力も尋常ではありません。
 それに合わせて、シフトも朝に集中させる必要があります。
 
 現場から反対の声が上がるのは当然です。
 そこで杉本さんは、次の様にして説得したと言います。 

杉本さん 「この施設の理念は何ですか?」
職員 「お年寄りが笑顔で幸せに過ごして頂くことです。」
杉本さん 「その通り。では紙おむつを無くすことで、お年寄りは幸せになりますか?不幸になりますか?」
職員 「それは・・・、幸せになります。」
杉本さん 「では、やるか、やらないかの議論を止めて、どうやればできるかの議論に代えてみませんか?」
職員 「はい。」

 杉本さんの施設だけに限らず、我々の業界でも会社でも同じです。
 お客様のために、他社との差別化を図るために、新たなことを始めようとした時、必ずと言ってよいほど現場からの反対に晒されます。
 そもそも人間は、現状維持に心地良さを感じる保守的な生きものです。
 
 そんな時、原点に立ち返り、会社や社員の使命に気付かせるのは、理念経営の強みと言えるでしょう。 つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR