fc2ブログ

成分献血のススメ

 今年初、通算34回目の献血です。
 昨年、「月一回」と目標を掲げ、成分献血に切り替えたものの、随分とスパンが空いてしまいました。

 血液を一定量抜き取る200ml・400mlは、3ヶ月に一度しか献血できません。
 成分献血は、一旦抜いた血から必要な成分だけを取り出し、大部分を再び体内へと戻すことで、身体への負担が抑えられ、二週間に一度可能と成ります。

 最短サイクルでいけば、理論上は年間24回も可能な訳です。
 但し、血液を何度も出し入れする分だけ余分に時間を要します。
 
 暫く振りの献血ルームは、少し変わっていました。
・ 同意書の説明と署名が必要になった
・ 40歳以上の成分献血には、年一回の心電図検査が必要になった
・ 両肘を上げたまま30秒間固定する、新しい検査が追加された 

 流れは以下の通りです。

① 献血カードを提出して受付(前日までなら予約も可)
② パソコン上の問診票に入力(ここで落とされる方もいらっしゃいます)
③ 採血し比重等の検査(ここで落とされる方もいらっしゃいます)
④ 医師のブースで血圧測定(ここで落とされる方もいらっしゃいます)
⑤ カーテンブースで心電図検査(ここで落とされる方もいらっしゃいます)
⑥ ベッドに呼ばれて献血開始
 ※ この間はTVを見ても、雑誌を読んでも、仮眠をしてもOK! 飲み物も運んでくれます♪
⑦ 献血が終了すると、再び血圧を測定して終了
⑧ 景品(カップラーメン・缶コーヒー・歯ブラシ・食パン等)を貰います
⑨ 平日午前中の成分献血は、サンドウィッチ・ホットドッグ等を貰えます
⑩ 2Fに上がって、無料のコーンスープと共に総菜パンで軽食を頂きます 
 
 慣れたら何のことはありません。
 自分にできる、小さな社会貢献。
 貴方も仲間入りしませんか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン

・経歴 
 雄新中卒業 → 新田高校中退
 大工・石工と約十年職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業
 令和2年 ㈱南洋建設 代表兼任
 令和4年 ㈱たんぽぽ不動産起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR