チーム力の大切さ

 繁忙期も中盤に差し掛かり、おかげさまで来店のお客様が立て込んでいます。
 勿論、そうならないと困りますけれど・・・。

 先日、松山南店では営業マンが総て接客につき、接客するテーブルも人員も不足する事態に。
 北店からの応援人員が到着するまでの間、岡Mさんのフォローを受けながら、満を持して久々に接客しました。

 県外からお越し頂いた、転勤族の国家公務員の御夫婦と、3~4歳の男の子二人の四人家族。
 3DKで職場の近くを希望されているものの、赴任先は中心市街地なので、少し郊外に出ないと予算オーバー。
 よって、御主人が自転車で通える範囲でのお部屋探しと成ります。

 加えて、もう一つ重要なテーマがありました。
 お子様が腕白ざかりであるため、下階に気を使わないことです。
 即ち、戸建物件、1F物件、下界に住戸の無い物件に限定されます。
 100点満点は無理としても、幾多の条件をクリアし、希望に近付ける現場の苦労が改めて身に染みました。 

 さて、近場の案内から戻ると一段落していたので、I村さんに案内を引き継ぎます。
 案内から戻られたお客様の表情は、もう一つ納得されていない様子。
 じっくり物件を見て決めて頂くため、今度はお子様達を残して再案内へ。 
 
 最初は人見知りからか、おとなしくキッズコーナーで留まっていたものの、慣れてくると次第にエスカレートして、オフィス内を縦横無尽に駆け回る二人。
 やがて、景品のTVは倒れる、自転車は倒れる・・・。
 てんやわんやの大騒ぎでしたが、この二人の男の子の愛くるしさで、店内は終始笑顔に包まれます。

 案内から帰られたのは、すっかり日が落ちてから。
 そして閉店間際、最後にご提案した戸建で、無事お申し込みを頂きました。

 担当が接客する、その横で物件出しのフォローを入れる、お茶やコーヒーを御出しする、手が回らなければ他店にヘルプを依頼する、集中して頂くために周囲のスタッフが子供さんの相手をする・・・。

 文字通りの総力戦に、コミュニケーションや気付きや思いやりの重要性を、再認識させられます。
 こうしたチームの一体感こそが、賃貸仲介営業最大の魅力とも言えるでしょう。

 我が家も夫婦と男子二人の四人家族です。
 十数年前にタイムトリップした感覚で、楽しい時間を過ごさせて頂きありがとうございます。
 お別れの挨拶で彼らに手を振る時、少しだけ切ない想いが込み上げてきました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR