fc2ブログ

なめられたらあかん

 現場監督の仕事は多岐に渡ります。

 代表的なものは業者の手配。
 大工、左官、電工、内装、設備、建材、造成等々・・・。
 建物を創る上で必要な業者様から見積もりを取り、価格交渉した上で仕事を発注します。
 しかし、現場監督の優劣を決めるのは、ここからです。

・ 設計図から施工図に落とし込み、NGがあれば納まる様に変更する  
・ 建材業者からの納品書を突き合わせ、少なければ追加or減額を求める
・ 金物の取付箇所が間違っていれば、それを指摘してやり直させる
・ 構造壁となる合板の釘ピッチが粗ければ、増し打ちさせる
・ 仕上げの品質レベルが悪ければ適宜、手直しを命じる・・・

 悲しいかな、これらの業務を怠ったとしても、建物は粛々と立ち上がっていきます。
 外観だけを見れば、その出来に明確な差がある訳でもありません。
 しかし・・・。

・ 住設を取り付ける際に入らず、再発注で不良在庫が積み上がる
・ 実数が少ないにも関わらず過剰請求されて、利益が目減りする
・ 構造計算通りの強度が確保されず、耐震性が脆弱になる
・ 地震の際、周囲は堅牢だったのに、その建物だけが倒壊する
・ 手直しとなり、利益が目減りした上に、お客様満足度が下がる・・・

 そう成らないように、しっかりと目を光らせるのが監督の責任です。
 直後であれば、大概の業者はすんなりと手直しに応じてくれます。 
 一方、時間が経過してからの指摘は、交渉を非常に難しくします。

 現場監督の正式名称は施工管理者。
 管理監督責任者たるもの、協力業者様からなめられてはいけません。
 品質・コスト・お客様満足は、建築会社の生命線です。
スポンサーサイト



性善説へのプロセス

 昨日、信用と信頼についてupしました。
 今日も関連した話です。
 皆さんも子供の頃を思い出してみて下さい。
 
 学校から帰って母親から「宿題は?」と聞かれても、「無い」とか「学校でやった」とか嘘をついて遊びに行きます。
 家に帰ってからするでもなく、翌日学校で先生に叱られ、連絡帳に赤ペンで宿題忘れを指摘されます。
 それを見た母親が怒り、翌日は宿題が終わるまで外に出してくれません。
 早く遊びに行きたいものだから、適当に済ませようとする邪な心を見透かされ、しっかりと中身を精査されます。
 やり直しを余儀なくされ、余計に時間がかかる結果に成ります。

 これが劣等生だった私の日常です。
 信用が無いために、信頼されない存在でした。
 
 信頼されない相手に対する対応は、性悪説が前提です。
 相手が間違える、誤魔化すことを前提とするが故に、チェックが厳しくなります。
 
 一方、「言わずともやってくれる」「彼なら間違いない」という信用が積みあがって行けば、徐々にチェックが緩くなり、性善説へと変わっていくでしょう。 
 今の混乱は、そこへ至るための過程(プロセス)と認識しています。

信用信頼のファクター

 人間関係を円滑にするために、必要な要素は数多あります。
 中でも、信用、信頼は欠かせません。
 この二つの言葉、「信用する」「信頼する」と似た様な使い方をしますが、違いは何でしょう。

 信用とは
 確かなものと信じて受け入れること。
 それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。
 また、世間が与える、そのような評価。

 信頼とは
 信じて頼りにすること。
 頼りになると信じること。
 また、その気持ち。

 信用は過去の実績等から判断して、その会社や人に張るレッテル。
 従って、信用の有る無しで表現されます。
 信頼は有無ではなく、足るか足らないかを個々人の心が決めるものです。
 信用を得るために、信頼されるために、必要なファクターを列記します。
 
① 嘘をつかない
② 言い訳をしない
③ ごまかさない

 小学生であれば、この三つで充分でしょう。
 その仕事を生業(なりわい)とする職業人であるならば、更にプラスされます。

④ 知識
⑤ 資格
⑥ 能力

 信用を培うには、多大な時間と労力を要しますが、失う時は一瞬です。

もう古の話

 最近、愛媛新聞には「えひめ防犯情報」なる記事が掲載されています。
 町の中で起こった身近な、不審者情報を共有するためのようです。
 とはいえ、首を傾げたくなる情報も少なくありません。

 【 10月23日午後5時45分頃。松山市余戸東2丁目で男子中学生が、40歳くらいの男性に「ちょっと来て」と声を掛けられ、通学路等について訊ねられた。 】

 訊ねた内容にもよるのでしょうが、道を尋ねただけで警察に通報されたのでは堪りません。
 随分、世知辛い世の中です。

 数年前の話です。
 夕方、県道23号線沿いを走っている時、タイヤがパンク。
 仕方なく近くのコンビニで、スペアタイヤ交換の作業を始めました。
 コンビニ前には、自転車を停めた男子高校生数名がたむろ。
 その高校生が、こちらに向けて近付いて来ました。
 すわ「オヤジ狩り」か、と身構えます。
 「何か、お手伝いできることはありませんか?」
 一瞬でも疑った、邪な心を恥じる自分。
 「ああ、ありがとう。もう目途がついたので大丈夫。」
 彼らは、礼儀正しく会釈して去って行きました。

 見ず知らずの人でも、困っていたらお互い様の精神で助け合う。
 そんな義理人情の文化は、もう古(いにしえ)の話なのかもしれません。

座して死を待つ悲哀

 大洲駅前店のW店長と、八幡浜に参りました。
 管理物件の点検、業者訪問、市場調査が目的です。

 かつて四国の大阪と評された商人の町だけあって、駅から港にかけて何本ものアーケード街が形成されています。
 ところが、どの通りもシャッター街と化し人通りは殆どありません。
 某業者さんの言葉を借りれば、「物販で商売が成り立っている店舗は殆ど無い」状況です。

 その言葉を裏付ける様に、各店舗は閑古鳥が鳴いています。
 この店のバッグは月何個、この店の洋服は月に何着売れるのでしょう。

 今さらながら、商店街を歩く買い物スタイルは昭和まで。
 今や、車で行ける郊外型のショッピングモール主体にシフトしています。

 そうしたお客様の流れを考えれば、歩行者天国を撤廃して、車の出入りが出来る様に改めるべきでしょう。
 当然、地元でも検討はされました。
 しかし、警察の答えはNG。

 理由は、アーケードです。
 裏を返せば、アーケードを無くせば車を通せます。
 但し、そのためには巨額の解体費が必要。
 今の商店街に、その余力はありません。

 このままではいけないと知りながら、座して死を待たざるを得ない悲哀。
 賃貸住宅も商店街も町づくりも会社経営も、先見性を持ったリーダーが次代のニーズを先取りし、先行投資を惜しまず、環境変化に対応しなければ生き残りは叶わないのです。
 

マニュアルの限界:後編

 この話が都市伝説か否かは別にして、大いに考えさせられます。

 マニュアルは、ベテランor新人、気の利く人or気の利かない人、正社員orアルバイト・・・様々な従業員が働く職場において、サービスを均一化するために定められます。
 即ち、最低限のサービスラインまで、底上げすることが狙いです。

 一説によるとマクドナルドのマニュアルは、調理方法・品質管理・接客態度・・・本にすれば全25章450頁にも上るとか。
 
 しかし、マニュアルのボリュームを増やし、完成度を高めれば高めるほどに、マニュアル通りに動くコピーロボットを増産してしまう傾向は否めません。
 笑顔は作り笑顔、「いらっしゃいませ」も「ありがとうございます」も、心無い儀礼的な挨拶に成り下がります。

 さしずめ、会社の上司がカラオケを歌っている時、次に歌う歌をデンモクで検索しながらも、ワンフレーズ終わった途端、目線もくれず条件反射的に拍手している部下と同じです。

 愛媛県内で多くの飲食店ブランドを展開している某社は、チェーン店的な店構えでありながら、マニュアルや研修がありません。
 それでいながら、個々人の気づきや知識や能力が高く、お客様満足が実現できているならば、素晴らしいことです。

 ところが、ネットの口コミ情報を見る限り、そこにある姿は真逆でした。
 「マニュアルも教育も無いから、社員が定着せず、極めて離職率が高い。」
 ネット情報を真に受けるつもりはありませんが、これが事実だとすれば、やり甲斐に気付く前に離脱するのは残念なことです。 

 今の会社の現状を知った上で、身の丈に合った采配を振るうのがリーダーの務めかもしれません。

マニュアルの限界:前編

 マニュアルや規則や研修は、必ずしも歓迎されるものではありません。
 ともすれば、「面倒くさい」 「ややこしい」と敬遠されがちです。
 確かに、社長である自分自身もそう思うことがあります。

 しかし、その目的は何でしょう。
 Aさんは、現状の問題をしっかりと受け止め、その問題を解消するための的確な提案と見積書が、速やかに提出できる。
 Bさんは、問題点が何かを掴み切れず、いつまで経っても提案も見積書も提出されず、出てきた提案も的外れ。

 こうした属人性によって品質にばらつきが生じたのでは、会社の信用を無くします。
 そのばらつきを均し、会社として求められる最低限の品質を提供するために、マニュアルが必要です。

 勿論、マニュアルは万能ではありませんし、限界もあります。
 マクドナルドのマニュアル化の弊害として、昔から言い伝えられているエピソードです。

【 少女は母親と、大好きなマックにやって来た。
 レジ前の女性店員はメニューを差し出し、満面の笑みで少女に語りかける。

 「オーダーは笑顔で承ること」
 マニュアルにそう書いてあるからだ。
 少女も笑顔を返す。

 商品お渡しの時も、店員は素晴らしい笑顔で少女に接した。
 「商品は笑顔でお渡しすること」
 マニュアルにそう書いてあるからだ。
 
 笑顔は伝染する。
 少女は再び店員に笑顔を返した。

 帰り際、車窓から店員の姿が見えて目が合った。
 少女は嬉しくなって、店員に笑顔で大きく手を振る。

 ところが、店員は無視した。
 少女は目を伏せ、ひどく落胆した。
 マニュアルが無かったからだ・・・。 】        つづく

間一髪の大惨事

 先日、出勤中の出来事です。
 
 通常通り国道56号線を、松山に向けて走っておりました。
 早朝5時台は真っ暗、おまけに雨です。

 中山ローソン前の直線で、対向車がハイビームで走ってきます。
 何度かパッシングしたものの改まりません。
 闇夜の雨中、ハイビームによって、視界が遮られて真っ白に成ります。
 数台の車をやり過ごした瞬間、目の前にいきなり右折待ちのトラックが出現。
 急ブレーキをかけたものの万事休す・・・。

 何とか間一髪ぎりぎりで停車し、胸を撫でおろした次第です。
 自分は、年2万㎞以上走行する中、22年8ヶ月ゴールド免許を維持しています。
 これも、運が味方してくれているからこそ。
 
 この時、判断が一瞬遅れて事故を起こしていたら・・・。
 これから、加齢と共に判断力も鈍ってくる筈です。
 ハイビームの対向車を反面教師としながらも、自分の運転の慢心を反省します。

 やはり「だろう運転」ではなく、「かもしれない運転」の心がけが必要でしょう。

頓珍漢な唐変木

 先日、社員の紹介を受け、過去にお取引の無いビジネスパートナーとお会いしました。
 アポイントは30分後です。

 来社頂いてから、幾つかの言葉を投げました。
 「本社は新居浜ですね。」
 「社名の由来は地名ですか。」
 「社長はお若いんですね。まだ30代ですか。」
 「FCに加盟されて、西条で不動産業もされているようですね。」
 
 先方からは、「良く御存じですね」と感心されましたので、「いや御同業ですから」と軽く流します。
 正直言えば、この会社のことも、社長のことも、何も知りません。
 ほんの30分前までは・・・。

 そう、来社されるまでに、ネット検索で会社の情報を知っただけです。
 社長の趣味がボーリングとゴルフであることも、尊敬する人物が松下幸之助氏であることも、座右の銘が「我以外皆我師也」であることも、頭に入れていました。
 そこまで御膳立てすれば、初見であってもある程度、信頼関係が積み重ねられるでしょう。

 逆に来社されて、「御社は賃貸管理や仲介もされるんですか?」と、頓珍漢な質問をしてくる唐変木な営業マンも居ます。
 相手のことを尊重するならば、知ってから会うのは営業の鉄則です。

デジタルに勝るアナログ

 先日、我が社の営業会議において、見積提出の時間短縮をテーマに話し合いました。
 営業には営業の言い分があり、
 設計には設計の言い分があり、
 工務には工務の言い分があります。

 しかし、それらは総て会社(生産者)都合=プロダクトアウトです。
 尊重すべきは、御用命頂くお客様のニーズでしょう。
 仕事が無ければ、我々は飯を食えないのですから。

 依頼・現調の後、見積提出までの適正時間はというと、自らがお客様の立場に立てば判ります。
 勿論、物件にもよりますが、早ければ2~3日、遅くとも一週間が限度です。
 それ以上かかるとすれば、没になってもおかしくありません。
 折角頂いたメシの種を失うことに成ります。

 意識が希薄でできないのだとすれば、何らかのアラームが鳴る仕組みが必要です。
 その一つとして、トヨタ生産方式の「見える化」があります。

 見える化(みえるか)とは・・・。
 企業や組織における財務、業務、戦略などの活動実態を具体化し、客観的に捉えられるようにすること。
 企業活動の分野以外でも、「見える化」という表現が用いられることがある。

 ご依頼頂いた日や、見積提出期限や、担当者の名前をホワイトボードに書き、文字通り「見える化」します。
 目につく場所に掲示していれば、誰かが気付いて「あれどうなった?」と声がけする訳です。

 今時ですから、データ化やクラウド化といった、デジタルな情報共有の手法は幾らもあります。
 しかし、情報が埋もれているパソコン管理よりも、ホワイトボードの様なアナログの方が有効に機能する筈です。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン

・経歴 
 雄新中卒業 → 新田高校中退
 大工・石工と約十年職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業
 令和2年 ㈱南洋建設 代表兼任
 令和4年 ㈱たんぽぽ不動産起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR