FC2ブログ

カリスマで終わらせない

 会計士である鵜篭先生の、財務研修を受けました。
 タイトルは、 「社長が知っておきたい財務 -成長企業の社長となった現在-」。

 一般的な財務研修と云えば、BS、PL、CFの三指標のレクチャーから始まるのが常です。
 今回は、切り口がまるっきり違っていました。

 ワークのテーマは「会社をつぶそう!」。
 そう、会社をつぶさない方法・・・ではなく、どうやったら会社がつぶれるか、を考えた上で、逆説的にリスクヘッジを問う内容です。
 不動産会社としての、つぶす方法(対策)も考えてみました。

① 企業の血液、資金繰りに窮する ・・・ (内部留保を充実させる)
② 多くの管理物件を受託している、スーパー大家さんのリプレイス ・・・(入居率とコミュニケーションを高める)
③ 入居者が大家さんに問い合わせする直接契約により、仲介会社が不要に成る ・・・(プロとしての知識とスキルを高める)
④ 家賃の持ち上げに遅延が生じ、信用不安が拡がり、管理解約が相次ぐ ・・・ (システムや内部統制を充実する)
⑤ 法令違反等に伴う、業務停止や免許取消 ・・・ (資格取得奨励とコンプライアンス遵守)
⑥ 太陽光発電の買取制限に伴う収入減 ・・・ (受注チャネル増大によるリスク分散)
⑦ 借入金の金利上昇に伴う経費増 ・・・ (利益の積上による債務圧縮)
⑧ エイブルFCの契約解除に伴う信用失墜 ・・・ (健全経営の推進)
⑨ 店長の独立に伴う、人材とクライアントの同時流出 ・・・ (待遇およびコミュニケーションを厚くする)
⑩ 自然災害に伴う、拠点や管理物件の消失 ・・・ (事業の多角化と、エリアの拡大)

 ソフトバンクや日本電産は、世界に誇る日本の企業です。
 しかし、この有価証券報告書には、「重要な経営陣の一人である〇〇〇〇に不測の事態が発生した場合、当グループの事業活動に支障が生じる可能性があります。」と表記されています。

 即ち、カリスマに次ぐ後継者がいないとした、ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)に対する疑義。
 カリスマが故に成長発展した企業の、カリスマ自身がリスクとは皮肉です。
 
 自分も含めた、我々グループ会社の各社長にとっても、大きな課題が見えました。
 創業者をカリスマで終わらせてはなりません。
スポンサーサイト



やむにやまれぬ大和魂

 昨日は、宅建協会県本部主催ブロック研修会。
 宇和島、八幡浜、大洲の三地区の皆さんが一同に会し、民法改正の概要を学びました。

 行き帰りの車中、御一緒した方と、お話しできたことは、今の自分にとって研修以上の収穫です。
 もやもやした気持ちに一区切りつきました。
 ありがとうございます。

 世の中、すべからく自分の思う通りにはならない。
 それが人生でしょう。
 
 小事を気にして、右往左往、一喜一憂すべきでないことも承知しています。
 大人としての寛容さも大事ですし、、広い心で受け入れる度量が必要だとも思います。
 
 しかし、今直面している事象は、決して小事ではないから抗います。
 抗うことは損か得か、と言われればきっと後者でしょう。
 だからといって、長い物に巻かれる位なら、名も地位も捨てた方がましです。

 「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」  

 さながら吉田松陰の心境ですが、さりとて、むざむざ犬死するつもりもありません。

幸せな家族

 小学校の頃、歌手のアグネス・チャンのファンでした。
 アグネス・チャンさん・・・というのはおかしいし、アグネスさん・・・という言い方も違和感がありますので、敢えてアグネスと表現します。
 
 あれから半世紀近くが経過しても、彼女の容姿は衰えません。
 息子さんとのツーショットは、カップルと見間違う程。
 まさに、奇跡の64歳です。

 そのアグネスが、昨夜TV番組で語った話が、非常に興味深かったので紹介します。
 かつて、二人の子育てをしながら、スタンフォード大学に学んでいたアグネス。
 授業中、先生から「幸せな家族とは?」と訊ねられ、咄嗟に答えました。
 
 「お父さんが居て、お母さんが居て、子供が居て、皆で時間を共に過ごせる家族。」
 クラスメートからはブーイングの嵐です。
 「自分は母親しかいない。それは幸せな家族ではないと云うのか?」

 先生は、敢えて答えを出さず、翌日までの宿題とします。
 思い、悩み、入浴中に息子にまで問いかけますが、当然のことながら答えは出ません。
 ところが添い寝をしているベッドの中で、三歳の息子が突然こう言いました。
 
 「ママ、良い家族っていうのはね。思い出したらこの辺(胸のあたり)がね、温かーくなるんだよ。」
 翌日、授業でこの話を紹介したところ、クラス中に大きな拍手が響き渡ったそうです。
 
 そう言われれば、亡父も、亡母も、某姉も、過ごしたのは必ずしも良い時間だけではなかったけれど、思い出すと心が温かくなる。
 57歳にして、3歳の純粋無垢な言葉に諭された気がします。

朝活の利点

 昨日、三足の草鞋、四足目の草鞋の御話しをしました。
 所属会社は各々勤務時間が異なります。

 建設会社  = 8:00~17:00
 総合企画  = 8:30~17:30
 不動産会社 = 9:00~18:00

 原則、自分の出社時間は、8:30~17:30。
 しかし、建設会社の朝礼にも参加します。
 ・・・というよりも、ここ20年ほど、始業二時間前の6:00出社を継続しています。
 まあ、社長はフレックスタイムで良いのですが・・・。
 
 さて、先週の金曜日が出ずっぱりだったもので、金、土、日と事務仕事が溜まっています。
 そのため、今朝は普段よりも一時間早い5時出社としました。

 何度も申し上げておりますが、朝は電話もかかりませんし、呼び止められることもありません。
 不断の日中に比較すると、事務効率は数倍高まります。
 皆が出社してくる頃には、段取りはすべて終了。
 先憂後楽、そのものです。

 その代わりといっては何ですが、休日出社や残業は、まずやりません。
 夜も早い時には、20:00前に就寝しています。
 仕事時間を計算すれば、少ないくらいでしょう。

 それでいて、周囲の評価は得られるのが、朝活の利点。
 まさしく早起きは三文の徳です。

元を正せば一本の糸

 昨年までは、不動産会社の社長と、グループの経営企画との、二足の草鞋でした。
 今期がスタートする頃は、建設会社の執行役員を引き受ける決意を固めます。
 
 三足の草鞋を履くためには、相応の荷物を下ろすべきでしょう。
 旗揚げから、四半世紀続けてきた劇団の長期休養を決めた、一つの理由がそれです。
 
 本日、劇団は内子座公演。
 成功を心から祈念しています。

 正直、多少の未練はありますが、人生の優先順位として、選択は正しかったと確信しています。
 続けていたとしても、何もできなかったでしょうし、きっとオーバーフローしたに違いありません。
 
 その一つの理由が、四足目の草鞋です。
 所属する業界団体で、こうした事態が起ころうとは思ってもみませんでした。
 今は、問題の収拾のため、文字通り東奔西走しています。

 徐々に、徐々に、時間と労力をかけただけ、解決の光明が見えてくる。
 そう、難解・複雑に絡み合って見える問題も、元を正せば一本の糸です。
プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR